ノーベル賞の行方

ノーベル賞の行方

今年もまたまたノーベル賞の季節がやってきました!!そもそもノーベル賞の 由来は何処からきたのでしょうか?ダイナマイト発明で莫大な財を成したスウェーデンの発明家・起業家でもあるアルフレッド・ノーベル(1833~96)は私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立してその毎年の利子について前年に人類の為に最大たる貢献をした人々に分配されるものとされるとされる遺言を残しその後、彼の遺志を継ぐノーベル財団設立委員会をラグナルとルドルフによって設立されました。ノーベル賞を取る前にオンラインカジノをしてみては?

noble

基金として物理学、化学、医学生理学、文学,平和の5分野で人類に最大な貢献をもたらした人物に毎年賞金を贈るもので偉大な発明や取り組みをした人に贈られる賞で1901年からスタートしました。これらの遺言と日本円にして約207億円を遺して他界したという事です。1968年にはスウェーデン銀行が設立300周年を記念して経済学賞もこれらに付加されました。 日本人受賞者は1949年に湯川秀樹が物理学賞を得たのを皮切りに数多くの 受賞者を生んでいます。1965年朝永振一郎(物理学賞)1965年川端康成(文学賞)1973年江崎玲於奈(物理学賞)1974年佐藤栄作(平和賞) 1981年福井謙一(化学賞)1987年利根川進(生理学・医学賞)1994年大江健三郎(文学賞) 2000年白川英樹(化学賞)2001年野依良 治 (化学賞) 2002年小柴昌俊 田中耕一(物理学賞、化学賞)2008年 南部陽一郎(物理学賞)、小林誠(物理学賞)、益川敏秀(物理学賞)、下村おさむ(化学賞)2010 年鈴木章(化学賞)、根岸英一(化学賞)、2012年 山中伸弥(生理学、医学賞)、2014年 赤崎勇(物理学賞)、天野浩(物理学賞)中村修二(物理学賞)2015年 梶田 隆章(物理学賞)大村智(生理学、医学賞)2016年大隈 良典(生理学、医学賞)

以上の様に多くの偉大な日本人の功績者を排出している訳ですがさて、今年 2017年は日本人の受賞者は選出されるのでしょうか? 6賞あるノーベル賞のうち、経済学賞を除く5賞はノーベル財団が運営する 基金から賞金が支払われ、経済学賞だけはスウェーデンの中央銀行から支払われます。今年は100万スウェーデンクローナ日本円で約1億2500万円相当が賞金となり1部門で最大3名なのでその場合は賞金が3当分されるか、最も貢献した人に半分、残りの二人に4分の1ずつ贈られるのが一般的となっています。ノーベル基金からの賞金は非課税となっています。受賞者にとっては 賞金よりも後世まで残る名声のほうが重要ポイントではないでしょうか?