遺言について

遺言書には3つの形式があります。o

「自筆証書遺言」とは、自筆で書く遺言書です。パソコンは使えず直筆でないといけません。メリットは費用が安く済むことと、いつでも書き直しができることです。デメリットは相続開始後に家庭裁判所の検認が必要になることです。

「秘密証書遺言書」は誰にも知られたくないことを書く場合に作成します。メリットはワープロ書きも大丈夫なので、長い遺言書を書くことができることと内容を秘密にできることで、デメリットは相続開始後、相続人が紛失したりすると証明ができなくなることです。

「公正証書遺言書」は最も確実な遺言書です。内容が公証人によって確認され、原本が公証役場に保管されるため紛失や偽造の心配がありません。メリットは相続開始後に家庭裁判所の検認が不要なことで、デメリットは公証人の費用がかかることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *