過払い金について

過払い金とは、貸金業者(信販・クレジット会社等)に払い過ぎたお金のことです。
金銭消費貸借契約における貸付利率は法律で定められていますが。そのことを定義づける法律が2つiStock_Calculator-n-Pen-Smallあったため貸付利率も2つ存在することになりました。
利率を制限する法律のである出資法では、年率上限が29.2%と定められていました。しかし一方の利息制限法による貸付比率は年15〜20%とされていました。この20%〜29.2%の間の金利が「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。
そのグレーゾーン金利で借り受けた場合は、本来は払わなくて良い債務なので、貸金業者に返還を請求することができるのです。
なので、払い過ぎの懸念のある人は司法書士事務所に相談して下さい。完済していても完済後10年以内であれば差額を請求可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *