会社登記

個人事業主が会社登記をするメリットは社会的な信用が増大することにあります。会社組織であることで取引先とのやりとりがスムーズに進行したり、融資を受けたり自治体から許可を受ける場合等も、個人より法人が好まれる場合が多くあります。10407563_1470064659922128_3416668169125870888_n
また事業規模を拡大する際にも会社の設立をしておく必要があると言えます。年商が増えると会社の方が税額は低くなっていきます。会社は一定税額であるのに対して、故人の場合は累進課税制度になるからです。また資本金1000万円未満の会社は2年間消費税が免税されます。
会社登記が必要となるケースとしては株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の設立する場合や、役員変更登記、資本金の増額、本店を移転や支店の開設、合併や営業譲渡などの企業再編、商号や事業内容の変更などがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *